忍者ブログ
最近人気・話題の商品をクチコミ付きで紹介していきます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キメの細かい弾力のある泡が毛穴の奥の汚れをしっかり洗い流します。過剰な皮脂を抑制、毛穴引締め成分の天然由来乳酸やローズヒップ、ハマメリスエキスを配合、また保湿成分を配合し、キメの整ったつるつるの仕上がりに。
1~2センチを手に取り、水分を加えながら、よく泡立てます。毛穴や皮脂の多いTゾーンから泡で包み込み、こすらず優しく洗います。その後、水またはぬるま湯でしっかり洗い流します。(ドクターシーラボ

クチコミ・評判
以前は洗顔するといったら、よく店頭で見かけ安価という理由から「ダブ」を使っていて、洗顔料についてはほとんど無頓着だったのですが、最近毛穴の黒ずみなどが気になってきたので試しにこれを購入してみました。
1ヶ月ほど使用しましたが以前より断然イイです!!
私の場合、
洗顔後は以前だったら肌から水分が抜けてしまいカサカサになってしまいましたが、今ではそんなことなく潤いを保っていてくれます。
それにホント毛穴の奥から汚れが取れるといったような感じがしますね。サッパリして気持ちいいです。以前はやたら顔が油でべとついたのですが、これを使い始めてから最近は特に気になることはなく、ほとんどべたつかなくなりました。
そうそう、それから毛穴の黒ずみも以前に比べたらだいぶ目立たなくなってきた気がします。
毛穴ウォッシングと名前に惹かれて買ったのですが当たりでした。近くのお店には売ってなかったのでAmazonでまとめ買いしようと思っています。

>>ドクターシーラボ スーパー毛穴ウォッシング 120g
>>化粧品クチコミ辞典
PR
仕事しながら、テレビ観ながら、ナノイーで、うるおいエステ オフィスで自宅で、いろいろなシーンがエステの時間に。ナノイーが肌に働きかけ、乾燥しがちな日中の肌のうるおいをキープ。 また長時間継続使用することで、キメが整った肌へ

クチコミ・評判
極度の乾燥肌のため、半信半疑ながらも購入しました。
寝ている間に枕元において使いました。使用1日目は「言われてみれば、肌がスベスベしているような・・・」程度でしたが、2日、3日と使ううち に明らかに効果が現れました。肌がツルツルしており、粉は吹いてないし皮がささくれ立ってもいません。ただ、肌が潤っているかというと、そういうわけでも ありません。風呂上がりのような「モチモチ!水分たっぷり!」という感じではなく、ビニールを顔にはっつけたような感じです。肌の表面がコーティングされ ているとでも言いましょうか。説明書やパンフレットによると、表皮のバリアを整えることで、深層部分(真皮)にも改善が見られるとのことなので、気長に使 い続けたいと思います。
製品自体の使用感ですが、お世辞にも静かとは言い難いです。ファンの音は良いのですが、ジジジジジーとかピィィィ言う独特のナノイー生成音が耳 に付きます。私はお構い無しに寝てしまいますが、神経質な方には辛いかもしれません。ちなみに最初は「ナイトスチーマー ナノケア EH-SA41」を検討していましたが、大きくて枕元に置くと邪魔になること、手入れが必要でめんどくさいこと(カビる)、そもそもわずか10分間の加湿 に意味があるのかと疑問だったことから、最終的に本製品を選びました。

>>Panasonic デイモイスチャー ナノケア

“もみだし洗い”で毛穴スッキリ。ブラシ面積が約2倍に拡大(SH-2791比)。もみ心地が更にUPしました。美容師の手の動きを軟質ブラシが再現。毛穴の汚れをもみだすように優しく洗浄します。爪で頭皮を傷つけずに洗えます。
育毛剤使用後の頭皮のもみほぐしにも最適。耐薬品性がUP(SH-2791比)。育毛剤や発毛剤などといっしょに使えます。(※育毛剤・発毛剤の種類によっては製品を痛めることがあります。育毛剤等をご使用の際は、そのまま放置せずに必ず水洗いをしてください。)

クチコミ・評判
以前からこんな商品があったらすぐに買うのにと漠然と思っていたので、
存在を知ってすぐに購入しました。
使い心地はかなり良いと思います。確かに頭皮がもみほぐされている感じで、
育毛剤が皮質の中にまで浸透している、という感覚を私はこれで初めて味わいました。
デザインも秀逸で、風呂場においていてもおしゃれな感じで、とても洗練されている
と思います。

>>TWINBIRD 頭皮洗浄ブラシ モミダッシュ PRO

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]