忍者ブログ
最近人気・話題の商品をクチコミ付きで紹介していきます
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1位:これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
巷の噂ではものすごく売れているという政治哲学の本。ハーバード大学で政治哲学を教えているということだけど、その講義がものすごい人気で、テレビでも放送されたほど。日本でも、現在、NHK教育テレビで『ハーバード白熱教室』として放送されている。


2位:ベルセルク 35 (ジェッツコミックス)
今回の敵も、普通に考えると強いんでしょうが、ガッツのベルセルクモードは段違いで強いので、むしろ仲間にとってはガッツが暴走した方がヤバイんでしょう ね 敵の構想も、なんとなくパイレーツオブカリビアンを連想するような感じでした。 ちょっとオマージュ入ってるのかもしれません。


3位:君に届け 12 (マーガレットコミックス)
私も付き合った時点で終わりかな?と思っていましたが、その先が読めてうれしいです。
家族が爽子をどれだけ大切にしていたか…しみじみしました。クリスマスでは、父ちゃん邪魔だな!と思ったりしましたが(笑)


4位:ローゼンメイデン 4 (ヤングジャンプコミックス)
もうこの巻で終わりって言われても良いぐらいスッキリとしたストーリー展開でした。
読む人によってはご都合主義だと否定しちゃいそうなぐらい全部が全部ハッピーエンドな展開ですが今までが今までだったので大目に見てほしいですね(笑)
感動的なシーンが多かったこの巻ですが、やっぱりそうなったか……という予想通りな展開が多いのも事実。


5位:試験にでる英単語―耳から覚える
大学受験向け英単語集「試験に出る英単語」のCD付きバージョン。
収録されている単語の発音CDがついて、前からあるCDなしのものと価格はまったく同じである。
内容は以前のものとまったく同じだが、元の「試験に出る英単語」より判が少し大きく、文字が見やすくなっている。
PR
1位:女医が教える 本当に気持ちのいいセックス
著者はこの手の本には珍しく国立大医学部卒の、 日本性医学会員で国際学会に参加される産婦人科医。 これまで妊娠・出産などの女性向けの本を多く出版。 表紙のイラストからはマンガによる啓蒙本かと勘違い しますが、中身はまじめで真っ当、そのギャップが若い男性向けなのでしょうか。

2位:総員玉砕せよ! (講談社文庫)
~蒸せるような熱帯雨林、南国の海に沈む夕陽、鳥たちのささやき。モノクロの紙面だけど 鮮やかな色彩が目に浮かんできます。およそ、悲惨な戦争とは本来無縁な南国の地を舞台に 兵隊たちの、どこかのんびりした日常が描かれる前半と、空を埋める爆撃機の轟音と空襲 による殺戮と破壊の後半のコントラストがいい。

3位:これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
巷の噂ではものすごく売れているという政治哲学の本。ハーバード大学で政治哲学を教えているということだけど、その講義がものすごい人気で、テレビでも放送されたほど。日本でも、現在、NHK教育テレビで『ハーバード白熱教室』として放送されている。

4位:ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)
面白かったけど、主人公が足手纏いで他のキャラばかりが活躍してたのはちょっと残念 戦争篇は主要キャラがいなくてその代わり大物の出番があったのがこれほどの盛り上がりを見せた理由のひとつだと思う

5位:敗走記 (講談社文庫 み 36-12)
「敗走記」、「ダンピール海峡」、「レーモン河畔」、「KANDERE」、「ごきぶり」、「幽霊艦長」の六つの中編を収めた作品。水木先生の戦争体験に根差した作品で、戦争の悲惨さが精緻かつ迫力ある描画で映し出されている。


ゲゲゲの女房の影響で水木しげる先生の本が2冊もランクインです。

1位:ONE PIECE 59
59巻も続けば普通は内容がマンネリ化して「老害」扱いされてもおかしくは無いのですが、これだけ長い間連載を続けながら 尚も盛り上がりを見せる山場を創り出し、更に壮大な冒険の物語を予感させる尾田先生の手腕は見事としか言いようがありません。
見事の一語に尽きます。

2位:女医が教える 本当に気持ちのいいセックス
表紙と最初数ページの挿絵は非常に官能的です。
ですが、内容は非常に真剣な内容になっています。

3位:猫物語 (黒)
本来執筆の予定があったのかは分かりませんが、化物語(下) (講談社BOX)の前日譚にあたる話になっています。 化物語ではさらっとしか書かれていませんでしたが、羽川がゴールデンウィーク中に猫に魅入られるまでの影の部分の描写や、忍野・阿良々木とのバト ルなどが詳細に描かれており、前日譚としての完成度は非常に高く、中盤から最後までは一気に読ませてしまう内容の濃さになっています。

4位:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
はっきり言っておくが、小説としては二流である。しかもビジネス入門書としても、稚拙といっていい。企画ものとして底が浅いのは否めない。
だがドラッカーのマネジメント論を「みなみちゃん」や作者ほどに「真摯」に読むオトナが世の中にはどれくらいいるだろう。ドラッカーのオリジナルを読んでも、大抵の人は感動を受けつつも「俺はこの点については、実践しているナ」と中途半端に納得してしまうのである。

5位:体脂肪計タニタの社員食堂
いくつか作ってみましたが、どれも普通に手に入る食材で味付けも私個人では
全く問題なかったです。というかとってもおいしいです。
社員食堂ということで、おそらく予算のご都合で肉類(特に鶏肉)が多いメニュー
になっていると思います。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]